新宿徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【銀塩シリーズ】以前は普通だったこと【Part 01】

<<   作成日時 : 2012/11/08 23:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 10

ちょっと前まで、写真が趣味な人やカメラマニアでも無い限り...
写真を撮ること=コンパクトフィルムカメラで撮ることが普通だったと思う。

一眼レフカメラはいったんお休みにして、今回はひさしぶりにコンパクトカメラにフィルムを詰めて日常を撮ってみた。

今回使ったカメラは富士フイルムのNATURA CLASSICA。
恐らく日本メーカーでは最後のコンパクトズームだと思う。
(残念ながら今年の7月に生産販売終了)
ボディ全体がプラスティックで軽量の小さなカメラだ。
良い意味で存在感が無いので、街中で使ってもあまり意識されることが無く自然な写真が撮れると思う。
暗いところで撮ってもデジカメみたいにライブビューやプレビューも光らないしね。

日が暮れるのが早くなったので、暗い場所にも強いフィルム"NATURA 1600"を使ってノーフラッシュで撮影してみた。


撮影機材■FUJIFILM NATURA CLASSICA ・ FUJIFILM NATURA 1600

NATURA CLASSICAは気軽で楽しいカメラだが、難点はファインダーが見難いことかな...
それでもちゃんとズームに連動するし、一応必要な情報はわかりやすく表示されるので36枚を無事に撮影出来た。
(デジカメだと36枚なんてあっという間だが、フィルムだと2日かかってしまった)

現像上がってきた画像(今回は同時にCD焼き)を色味など無加工&ノートリミングでそのまま縮小して並べてみた。
花園神社の酉の市も撮ってみたが、温かい感じに撮れてなかなか面白い仕上がり。
デジカメのクッキリハッキリした画像も良いけど、たまにはこういうのもアリかな。
オレンジ色の日付焼き込みも良い味出してる!懐かしい。

今フィルムを使うという行為はマニアックなイメージがあるけど....
一眼レフカメラではなく、コンパクトなカメラで気軽に日常を撮ってフィルムに残すも楽しい行為だと思った。

ところで今回使用したNATURA1600というフィルムは、特定のカメラで撮影するとNPシステムというモードが使える。
これは以前は出来なかったことだ。

以下富士フイルムのサイト「ナチュラの機能と技術」より
-------------------------------NPシステム-------------------------------
高感度カメラ×高感度フィルムの組み合わせで、
かつてない超高感度な表現力を実現する「NPシステム」

<広角ワイドで明るいレンズを搭載>
NATURA S、NATURA BLACK F1.9 では、F1.9のレンズ。NATURA CLASSICA・NSでは、F2.8の明るいレンズを搭載。一般的なF5.6レンズより明るいレンズで、その場の光をより多く集めることができるから、ノンフラッシュで雰囲気ごと写し撮れます。しかも広角レンズだから、背景も広々と撮れます。

<露光制御プログラム>
「NATURA 1600」フィルムをNATURAシリーズのカメラにセットするだけで、自動的※1にノンフラッシュの「NP(ナチュラルフォト)モード」に設定されます。
カメラが自動的に露光量を制御し、その場の光を活かした雰囲気のある写真が撮影できます。

<NPシステム対応フィルム NATURA1600>
フィルムの感度は、光を感じる性能とも言えるもので、数字が大きいほどこの性能が高く、少ない光でも感光することができます。「NATURA 1600」は、一般的に使われているフィルム感度ISO400に比べて4倍も高感度。だから暗いシーン※2でも安心して撮影できるのです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
最後の写真が特に良いですね(^^)

昔は写真を撮ることが今より厳かだった気がします。
うちも節目では今もフィルムを使っています。嫁の実家のFが我が家に来まして・・・嫁と息子と親子二代の成長を記録しています。
marusuke
2012/11/11 05:26
誰もが同じように撮れるデジカメとは一線を画していますね。
フィルムならではの味わいがいいです。
イッシー
2012/11/11 08:27
私のガキ時代は「写真を撮る(撮られる)」ことすら「普通」でなく「入学式/卒業式」など「特別」の時だったかな...。しかもモノクロでした。最近リバーサルばかり使っていますが、カラーネガも良い色味出していますね。見直しました。
ひぢりき
2012/11/11 19:39
>marusukeさん
ありがとうございます。
確かに昔は特別な日やイベントがあると家族で撮影....ってイメージがありました。
いつの頃からか写真はカジュアルなものになりましたね。やはり写メールあたりでしょうか。
フィルムカメラ使ってますか!私も使えるうちはガンガン使いますッ
ささ
2012/11/11 21:28
>イッシーさん
ありがとうございます。
なぜだかフィルムカメラはなかなかシャッターを切れません(笑
貧乏性なのかな....
確かにフィルムカメラには味わいがある気がします。もっともっと使っていきたいと思います。
ささ
2012/11/11 21:30
>ひぢりきさん
ありがとうございます。
やはり写真を撮るというのはオオゴトでしたよね。
子供の頃は我が家も節目節目に撮っていたと思います。写真を撮るのは父の仕事!って感じで男(?)を感じていました(^^
ネガ...ポジもでしょうけど、現像する場所をちゃんと選ばないとダメですね。
最近はお客が少なくて現像液が傷んでいるのか、仕上がりが悪い店が多いです....
それと上記の写真は富士のCD-Rサービスですが、一般向けに味付けがキツすぎるのかコントラスト+彩度+明度+シャープネスが強烈に補正されてしまっています。
本当はもっと自然な感じに撮れています...それはまたいずれ。
ささ
2012/11/11 21:36
NATURA CLASSICAは、良心的なコンパクトカメラですよね。
気軽に持ち出せる性能のいいコンパクトフィルムカメラって、いいなぁ。

最寄駅のDPEがつぶれました。使ったことは無かったですけど、それなりに客はいたような・・・・
スマホの普及がとどめの一撃かも。

フジのCD-Rサービス、以前はよく使ってましたが、200万画素という低画素と、黒潰れにスキャンされる(まさにコントラスト+彩度+明度+シャープネスが強烈に補正)のが嫌で、使うのをやめました。
58Caddy
2012/11/11 23:32
こんにちは〜♪

そうそう、昔はフィルムのコンパクトカメラで普通に写真撮ってましたよね。
我が家にも父親のコンパクトカメラ(メーカーも型名も覚えていませんが)があって、それを借りてパシャパシャ撮ってました。
今はデジタルがメインになって、フィルムカメラを使う頻度は減りましたが、月に1本ペースはなんとか撮りたいと思って、昨日も雨の中京都で写真撮っていましたが(笑)、36枚撮りフィルムで25枚しか撮れませんでした。
(雨で撮影自体が困難だったというのもありますが・・・)
さささんも書いていらっしゃいますが、フィルムだと意外と枚数撮らないものですよね^^


写真の右下の日付表示が懐かしいです♪

yamataka
2012/11/12 16:23
>58Caddyさん
ナチュラクラシカは....良心的なんですが、あまりにも外装がチャチィのが敗因だったかもしれません。なにせ三脚用の穴なんかもボディと同一パーツのプラスチックなので...一回舐めたら即終了。
我が家の近所のDPEやラボもバンバン倒産/閉店しています。
都心部でもこの有り様では...フィルムの世界は相当厳しいですね。
ささ
2012/11/15 23:32
>yamatakaさん
私もずーっとコンパクトカメラを使ってきましたが、実はカメラには興味が無くて...
使っていた機種すらわかりません。ちゃんと意識して撮れば良かったな〜(^^;
大人になってからも同じで、2002年以前はカメラに関する情報がほとんどありません。

フィルムだと本当に枚数を消費出来ないんですよね。
とはいえ、このところ1〜2日に一本のペースでフィルムで撮っています。
しばらくは続けていきたいなと思っているのですが、いつまで続くかな?
ささ
2012/11/15 23:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【銀塩シリーズ】以前は普通だったこと【Part 01】 新宿徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる