新宿徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS さようなら 中華 山田屋

<<   作成日時 : 2011/01/28 23:57   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 7

新宿に残っている、数少ないレトロなラーメンが食べられるお店のひとつが今月いっぱいで閉店。
最後に一度は行っておきたいと思い、ラーメン好きの同僚と食べに出かけた。

最初に食べたのは学生の頃に夏期講習で新宿の予備校に通っていた頃だから‥もう考えたくないほど昔の話。
当時の新宿のラーメン屋さんなんて、ほとんどが今で言う東京ノスタルジックラーメン。
唯一、熊本ラーメンの桂花が異色を放っていたぐらいだと思う。
あ、歌舞伎町のお店「利尻」のオロチョンラーメンなんてのもあったっけ。
そのぐらいラーメンのバリエーションは少なかった。今では考えられないけど。


撮影機材■すべてiPhone 3GS

これが山田屋のスタンダードなラーメン。
意外にワイルド。というか昔より盛りつけが大雑把になったかも?
スープの味も見た目通りワイルドな感じ。アッサリ鶏ガラスープに慣れているとかなりコクを感じる。

最近は行くタイミングによって味にかなりバラつきがあったのだけれど、今日は美味しかった。
美味しく締めくくれてよかった。
この近所で飲み会があると、2次会なんかに利用したっけ。
餃子もワイルドで大きくて、瓶ビールとよく合ってたなぁ。



お腹が空いた時の定番。麺類+半チャーハン。
香ばしくパラパラと仕上がっていて旨い。
この店ではラーメンとのセットを「半ちゃんラーメン」とよぶ。



新宿に何軒かあるお店だったけど、どのお店も大体似たような雰囲気。
かなりリアルな昭和。



古い店な気がしてたけど、歴史の半分以上は知っていたのか。
これでもうこのお店を訪れるのは本当に最後。今までごちそうさまでした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた 驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
贔屓のお店が無くなるのは寂しいですね(^_^;)
後継者が育たなくて、店をたたむ事にしたのでしょうか。
特徴的な見た目のラーメン、味も特徴的だったのでしょう♪
Toshi
URL
2011/01/29 00:04
ラーメンに半チャーハンまたはチャーハンに半ラーメン...。昔よく食いました。
今から考えると、なんであんなにこってりしたものを食っていたたんだろうと、
我ながら飽きれますが...。
昔なじみの店がなくなるのは寂しいですね。
ひぢりき
2011/01/29 20:06
>Toshiさん
いやぁ、実をいうと最近は贔屓ってほどではなかったのですが(^^
若かりし頃に新宿へやってきて、その頃よく訪れていたお店がどんどん消えてしまって寂しいので記事にしてみました。
あー、ラーメン食べたい。なんで夜になると食べたくなるんだろ?
ささ
2011/01/29 23:54
>ひぢりきさん
昨日も食べちゃいました(笑)<半ちゃんラーメン
最後だし、いっとくかぁーって感じです。
この25年以上、雰囲気が全然変わらず存在していたのが奇跡なのかもしれません。
ささ
2011/01/29 23:56
淋しいことですよね。思い出の店、いくつもあります。うちのオカンも商売してましたから思い出すんですよね。当時の常連が母を囲んで同窓会を今月やるんだそうです。
どりさま
2011/02/01 00:41
>どりさまさん
やはり、思い出の店が消えていくのは寂しいものですね。
どりさまさんのお母様は商売をされていたのですか。店を閉じても常連さんが集まってくれるような関係、良いですね。
ささ
2011/02/02 00:33
もうチャーメンライスが食べられないんですね。
私は1980年代によ〜く通っていました。
先日、新宿で昼になったんで行ってみたら別の店になっていて閉店を知りました。
2年も前に閉店してたんですね。
モズライト
2013/02/20 09:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
さようなら 中華 山田屋 新宿徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる