新宿徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【カートリッジ交換】SHURE M44G

<<   作成日時 : 2009/03/19 14:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 8

近所のディスクユニオンで10%引きセールをしていたのでカートリッジを買ってきました。
買ってきたのはSHUREの「M44G」。クラブ系ではド定番のアイテムです。
10%引きに加えて、カートリッジを購入すると純正ヘッドシェルまでプレゼントしてくれました。



おおっ、RoHS対応!ちゃんと最近生産されたものなんだね(^^
ちなみにこのM44G、発売されたのは1963年だとか。
MFニッコールも真っ青な超ロングラン商品かも。

駄菓子っぽい袋に入っているのがタダでもらったヘッドシェルです。



せっかくだからもらったヘッドシェルに取り付けよう。
取り付け方はいたって簡単。
まずはヘッドシェルから生えている4色のリード線をカートリッジ側の同じ色の端子にポスッと接続します。
ちょっと頼りないリード線ですが、ただでもらったモノですから贅沢言うまい。

カートリッジをヘッドシェルに取り付けてからリード線を接続しようとすると狭いし取り回しに苦労します。
正しい方法かどうかはわかりませんが、取り付け前にリード線を接続しておく方法をオススメ。



付属のネジでヘッドシェルにカートリッジを接続します。
取り付けが曲がっていないか、しっかりチェックしてから固定。
全然関係ないけどこのカートリッジ、、なんだかラジコンのパーツみたいな質感だな。。



さっそく試聴。
おお!元気な感じ(謎)
普段使っているカートッリッジよりも低音域に力があって迫力がある!
いままでのカートリッジでは繊細に音を拾い過ぎて耳障りに感じていたところも非常に良いバランスになりました。
高音域の表現もクラブ系のサウンドにピッタリな感じです。さすが定番モデル!
こりゃあコストパフォーマンス抜群なカートリッジです。


撮影データ■すべてNikon D90 ・ AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8Gで撮影

こちらは普段使っている2本のカートリッジ。
手前がSTANTON 681EEE MK III
音の解像感は抜群ですが、向き不向きが激しいカートッリッジだと感じています。
クラブ系や激しい楽曲にはあまり向かないかも。
また盤の状態やボーカルによってはサ行の音が歪みやすい弱点があるようです。
でもオーケストラなどの楽曲でハマると最高!
奥はaudio-technicaのAT15Ea/G
癖を感じない、オールマイティなカートリッジです。
定価が高い割に実際の値段は常に安価な謎なカートリッジです。
(定価は3万円近いのに、実際はヘッドシェル込みで1万前後)
もう少し高音が伸びれば言う事なしなんですが、、、近日リード線を交換して効果があるか試してみる予定。
ほかにMCタイプもあったりしますが、この趣味も深入りすると大変なことになるので手軽なカートリッジで楽しんでいます。

新宿にいると、アクセサリーなどなんでも入手出来ますしレコードはまったくもって現役です。
アナログはハマることも多いけど、深くて面白いですな。。(^^

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
SHUREはこっちの製品もあったんでしたよね^^私は専らマイクでお世話になっているので忘れていましたよ^^;カートリッジで音が変わるっていうのも今考えれば面白いことですよね。今はレーザーピックアップですからそこんとこは面白みに欠けるかもしれません。
どりさま
URL
2009/03/19 16:59
3枚目の写真までは、何のことだかわかりませんでした。
レコードの針なんですね。
一時期、針の入手が困難になったと聞きましたが、最近はちゃんと供給されているんですね。
超ロングラン製品ですが、パッケージはモダンですね。
58Caddy
2009/03/19 23:47
こんにちは!
シュアー懐かしいですね。わたしはデンオンのMCに昇圧トランス咬まして使ってました。CDが普及し始めたころはカートリッジを交換することによるオーディオの楽しみがなくなるなんてことが言われていましたね。確かにそうかもしれません。当時のものは今でも使えるはずなんですが、以外にアンプが壊れています。修理してもすぐにトランジスタが破裂して困ります。
きゃのらー
2009/03/21 10:19
>どりさまさん
おーっ、そうですね。SHUREはマイクも得意分野でした。
カートリッジで音が変わる..あまり深入りすると大変そうですが、方向性が異なる手軽な価格のカートリッジを数本用意してジャンルごとに換えて楽しむ...というのはアリですね!
ささ
2009/03/24 00:51
>58Caddyさん
あわわ、わかりにくい記事ですね。。狙い過ぎました。
レコードの針、今は潤沢に供給されているみたいです。
まぁ新宿という地が特殊っちゃ特殊なんだと思いますが、アナログレコード屋はあいかわらずたくさんあるし、ヨドバシにはカートリッジコーナーなんかもあって時代を忘れさせてくれます。
ささ
2009/03/24 00:53
>きゃのらーさん
懐かしいですかっ!私はM44Gというカートリッジは使ってみたいと思っていたのですが結局21世紀になってから使いました(笑)
カートリッジを換えて違う音を楽しむ、、のが良いことなのか不便なだけなのかわかりませんが、調整しながら好みを音を探るのは男の子の趣味としてはアリな気がしています。
そしてデンオン(現デノン)のMCですか!私も一本だけ使っています。。。MCは今度ネタにしまーす。
ささ
2009/03/24 00:55
うわー・・・44Gのパッケージって今はこんな感じなんですね!!!!!
昔は・・紙だったのにwww
たま
2009/03/24 14:17
>たまさん
そうそう!すっかり現代風のパッケージなんですよ。
紙?それはしりません!(笑)
ささ
2009/03/25 22:56

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【カートリッジ交換】SHURE M44G 新宿徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる