新宿徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS パイオニア、テレビ事業から完全撤退へ

<<   作成日時 : 2009/02/12 23:59   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 10

パイオニアは12日、平成22年3月までにテレビ事業から完全に撤退する旨の発表をしました。
今後はカーエレクトロニクス事業に軸足を移し経営再建を図るとか・・・・
プラズマパネルの生産は終了しても、パナソニックのパネルを使って一味違う製品を生み出してくれるのでは・・・というほのかな期待は儚くも消滅しました。

それにしてもこの歴史的な不況の影響で全世界的に自動車の販売が低迷している今、そこに軸足を移して本当に大丈夫なのでしょうか?心配です・・



以前記事にも書いたように、我が家ではまだパイオニア製レーザーディスクプレーヤーが現役です。
(しかも稼働率高し)
そして、先日のAV環境改造計画ではパイオニアのプラズマディスプレイ「KURO」と、同社の高品位BDプレーヤーを核にしています。
こだわりのAV製品を出してくれていたパイオニア、この火が消えてしまうのはとても残念でなりません。
品質面で満足出来るコンシューマ向け大画面モニターを販売してくれていた貴重なメーカーなので・・・・なんというか・・・本当に残念です。
我が家のKUROはSEDや有機ELなどの次世代モニターが主流になるまで大事に使います。
もちろんLD、BDの両プレイヤーもね。

とにかく今までお世話になりました。本当にありがとう!
さようならパイオニア!
いや、パイオニア自体が無くなった訳ではないのでさよならは無いですね。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
パイオニア スロット
カタログギフトのパイオニア【ポイント3倍】カタログギフト アズユーライク 8000円コースコンチェルト【シャディのカタログギフト お返し・出産祝い・結婚祝いなど各種お祝いにオススメ!】商品価格:8,400円レビュー平均:4.29正社員6000人削減・パイオニアショック・雇用崩壊は現実味を帯びてきた2月12日、パイオニアは12日、正社員約6000人、派遣・請負社員約4000人の計約1万人の従業員を2010年3月までに国内外で削減すると発表した。 尚、パイオニアは、08年3月末から同年末までに正社員... ...続きを見る
仰天最新ニュース
2009/02/13 17:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
先ほどこのニュースを見てました。淋しい限りですね。100年に一度の事態ですから仕方ないのかもしれません。経営努力といっても限度があると思います。
どりさま
URL
2009/02/13 00:31
今回のニュースは私にとっては他人事ではない(?)ので、重く受け止めています。今後も電機業界は事業の選択と集中が進んでいくことでしょう。
名門といわれる企業でも数年先にはどうなっているか分からない世の中ですものね。残念です。。。
yamataka
2009/02/13 09:36
テレビ事業撤退って結構大変なことですよね。
あとはホントにオーディオくらいしか作るもの
ないでしょうし。
pleasure
2009/02/13 11:23
こんにちは。
パイオニアのテレビ事業撤退のニュース、私も新聞で知りました。残念ですね・・・。パイオニアというメーカーは私の知る限り、技術力がとても高くて真面目な製品を世に送り出してきた印象が強いですからね。そういえば私が最初に買ったDVDレコーダーはパイオニアのものでした。当時はRAMとの激しい規格争いで松下がやや優勢だった記憶があるのですが、製品のレベルとしては非常に高く満足のいくものでしたし、一度故障したときもとても丁寧な対応をしてもらえた記憶があります。もちろん今でも稼働中です。そういえばレコーダーも撤退したんでしたっけ。いいものを作っているのに、これもとても残念でした。また会社の建て直しに成功したら、AV機器に再参入してほしいものですね。ではでは。
almauniski
URL
2009/02/13 14:12
まさに社名どおりAV業界のパイオニアだったメーカーが、ここまで苦境にあえいでいるのですね。
私も昔はパイオニアのオーディオコンポを揃えていたので、感慨深いものがあります。
でも車業界も大変なこの時期に、カーナビに専念するのは大丈夫なのでしょうか。
Toshi
URL
2009/02/14 00:30
>どりさま
なんとなく覚悟はしていたのものの、いざとなるとやはり寂しいです。
この手の業種は一度止めてしまうと復活することはきわめて困難ですので、、、
ささ
2009/02/17 00:00
>yamatakaさん
たしかに他人事ではないですよね。。
パイオニアほどの会社がこれから訪れる本格的な大画面化の時代の前にこの事業を止めてしまったことがショックでした。これからが楽しみだったんですが。。
ささ
2009/02/17 00:03
>pleasureさん
パイオニアの投資家向け発表を見ると、たしかにカーエレクトロニクスの比率が大きな会社になっていました。
私が知っているのはパイオニアのごくごく一部だったんだなーと思ってしまいました。。。
ささ
2009/02/17 00:07
>almaunisikiさん
私もパイオニアにはまじめで技術力が高いイメージがあります。
ここのサポートには何回か世話になっていますが、いつでも気持ちの良い対応をしてくれます。
映像や音響の世界は技術の積み重ねが非常に大切だと思いますので、今の時代に一度やめたら再参入するのは並大抵のことではないと思います。
技術者もどうなるかわかりませんし。。。とはいえ、またいつの日か復活してほしいものですね。
ささ
2009/02/17 00:10
>Toshiさん
これから先カーエレクトに専念するのは確かに不安がありますね。
まぁ、私は素人なのでまったくわかりませんが。。。
いまさらながらにAV業界のパイオニアであって欲しかったなぁ、と思ってしまいます。
ささ
2009/02/17 00:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
パイオニア、テレビ事業から完全撤退へ 新宿徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる