新宿徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 閉ざされたシャッターと空き地だらけの街

<<   作成日時 : 2008/03/23 23:56   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 26

今日は私が子供時代に過ごした街をコンパクトデジカメ片手に訪れてみました。

・・・しかし子供の頃の印象とはだいぶ変わっています。

日曜日だというのに商店街の多くのお店はシャッターが閉じたまま。
かつてはにぎわったモール街も今では活気がなく、人通りもほとんどありません。
訪れたのが夕方だったせいか、よけいに物寂しさを演出しています。


撮影データ■GR DIGITAL II

上は駅前から続くメインストリートの一角。
下は20年ほど前に開催された万国博覧会へのアクセスのために出来た高架道路下の・・当時としては新しいタイプだった若者向けのモール街。
いずれもかつては活気にあふれていた街でした。


撮影データ■GR DIGITAL II

お店の跡地は空き地や駐車場となり、アーケードは歯抜け状になっています。


撮影データ■GR DIGITAL II

歯抜け状になってしまったので、かつては人目に触れなかった空間も露出しています。
それはそれで被写体としてはアリですが・・・


撮影データ■GR DIGITAL II

壊れかけたある家屋(もしくは商店)の柱。
これはこれでかなりの歴史を感じます。


撮影データ■GR DIGITAL II

歴史がある街なので、なかなか味のある建物も多いです。


撮影データ■GR DIGITAL II

たくさん通った本屋さん。
ここではたくさんの本を買ったなぁ・・・今でも愛蔵している本はここで買ったモノが多いです。
しかし、いまではシャッターもこわれ・・見るも無残な姿。


撮影データ■GR DIGITAL II

ここは茨城県の土浦市。
茨城県では水戸に続く2番目に大きな都市としてかつては活気のある街でした。
駅前にはデパートが並び、商店街も地方都市独特の垢抜けないモノでしたがそれはそれで活気があり良い雰囲気でした。
しかし今では5つあったデパートは全て撤退、もしくは倒産し商店街はご覧の通り。
デパートだった場所は巨大マンションかパチンコ屋さんに置き換わっていました。

郊外型の大型店舗の進出や、交通網の発達によって都心へのアクセスがよくなった影響等で今のような状況になってしまったと思われます。

ここで生まれたわけではないので故郷と呼べる町ではありませんが、かつて住んでいた・・思い出がたくさんあるこの街がこのような状況になっているのは複雑な思いです。
この街が活気を取り戻す日は来るのでしょうか。

しかし・・このままシンミリと終わってしまってはこのブログらしくありません!
何気なく入った古本屋さんにて、探していたお宝レコードをたまたま発見してしまいました(笑)
相場の約50分の1!これは嬉しい(^-^
他にもアナログレコードを本当に格安で数枚ゲットしました。ホクホク。


撮影データ■GR DIGITAL II

小学生のころ友達たちと走りまわって遊んだ公園は当時と同じ雰囲気のままでした。
(公園の近くにあった、良く訪れた駄菓子屋さんは駐車場になっていましたが・・・)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(26件)

内 容 ニックネーム/日時
胸中お察し致します。
でも、思い出は「無敵」ですよ、きっと !
昇り龍
2008/03/24 00:10
私も10年ほど前に、自分が生まれ育った町へ行って見たことがありますが、すっかり景色が変わっていました。
それでも所々、当時の面影が残っている部分を見つけると懐かしくて嬉しくなってきました。

自分の記憶の中のイメージはこれからも変わらないと思いますが、そんな記憶を思い出すためにも、今の自分の身近なところも写真に収めておこうと思いました。
Toshi
URL
2008/03/24 00:21
同志こんばんは!
私は6歳の時からずっと東京なのでそういう経験はないのですが、よく知っている街が変わってしまうと寂しいものですね。普段からスナップして写真を残すのって大事ですね。
ところで同志・・・GRIIをいつの間にか手に入れていたんですね!うっかり見逃しておりました。軽いし小さいし最強のスナップ機ですね。
ガンジー
URL
2008/03/24 01:59
私の実家がある地の商店街もすっかりシャッター通りに・・・
炭鉱都市の名残が見られた、20年前からは想像できないような寂しさです。

とはいえ、年に一回の帰省は楽しみですけどね。
TAKE@青シビR
2008/03/24 02:36
おはようございます!
昨日は飲み廻らずに家で野球を見ながらビールを飲んでいると、9時くらいに眠くなったので寝たのですが、こんなに早く起きてしまいました。今回のお写真、土浦市は私の住んでいる町とほぼ同じ人口ですが、景色もほとんど同じようです。関東の町もやはりこんな状況にあるんですね。最後のお写真、ここでさささんは走り回っていたんですかあ。ウチの近所にも似たような所があります。
きゃのらー
2008/03/24 03:36
おはようございます。土浦へ行かれましたか。現状そのものですね。
佐原ほどではないがよく知っています。長兄家族が居ることもあり年に数度は行きます。実は佐原も同様でカメラには収めてきましたがブログにはとても忍びなくアップ出来ませんでした。
ダン
2008/03/24 09:30
私の実家の近所の商店街も似たような状況になっています。
子供の頃、親の買い物に一緒について行ったものですが、その頃は人通りも多く、お店の人と客とのかけ合いにも活気がありました。
それが今ではシャッター通りとなり、人通りも減り、すっかり寂しくなってしまいました。。。

ところで私も前回の記事から気づいておりましたが、いつの間にかGRDIIがお仲間に加わっていますね(^_-)-☆
yamataka
2008/03/24 11:02
あのー「GR DIGITAL II」って・・(^▽^;)
私の地元も酷い状態です。 中心にあったスーパーは撤退・・
大型施設もできていますが、交通が悪く、お年寄りが行くには
遠いし・・・
(-_-;)

 
たま
2008/03/24 11:19
こういう風景を見ると胸が痛みますね(-。-)y-゜゜゜
レンズを向けるのもつい美しいものばかりに目が行ってしまいがちですが新鮮な感覚で拝見しました。
以前私も地方の駅前で似たような光景を目にしました。
今度は勇気をもって?挑戦したいと思います。
はっしい
2008/03/24 16:02
>昇り龍さん
ありがとうございます!
思い出は思い出として大切にとっておこうと思います。
ささ
2008/03/24 19:49
>Toshiさん
記念写真は撮っていても、なにげない写真って意外に少ないものなんですよね。
私も身近なところの写真を出来る限り残していこうと思います。

もっとも、私の場合はお気楽スナップばかりですが(^^
ささ
2008/03/24 20:14
>ガンジー同志
こんばんはー!
同志は東京生活が長いのですね。私は家族とともに何回か引っ越ししているので故郷とよべる場所はないかわりに....何カ所かの思い出深い場所があります。

GR2、気にはなっていたのですがついに入手してしまいました。
(実はDP1が出たら買う気だったんですけどね...)
やはり軽量コンパクトは大きな性能ですね!すでにお気に入りの持ち歩きカメラ認定です。

ささ
2008/03/24 20:17
なんと、GRDUですね。DP1も買ってGRDUもでしょうか^^?さささんのことだから不思議ではないですね^^そして土浦の町、私も歩いて見て廻ったので思い出してました。うちは転勤族ではなかったのでしっかりふるさとがあって幸せだったかもしれません。私の故郷は徐々に近代化されています。廃れるのは淋しいですが、近代化されて自然が失われるのも淋しいです。
どりさま
URL
2008/03/25 02:51
>TAKEさん
シャッター通りは寂しい雰囲気を醸し出しますが、住む人の生活環境や趣向がかわったということなのでしょうね。
このエリアは決して人口が減った訳ではなくマンションは続々建設しているようですから。。
ささ
2008/03/26 12:34
>きゃのらーさん
この地区は交通が整備されてどんどん便利になり、都心に出るのが楽になったことが裏目に出たのかもしれません。
また都心まで出かけなくても郊外には巨大な店舗がどんどん開店していますし。。
駐車場も少なく移動手段が公共交通機関で行かなくてはいけない駅前の商店街にわざわざ出かける人がいなくなってしまったようです。

子供時代にはこのあたりで散々走り回っていました(^^
ささ
2008/03/26 12:37
>ダンさん
佐原も土浦も都内からだとおなじくらいの移動時間なので、街の雰囲気はたしかに近いですね。
私としてはこの手の商店街に人が来なくなってしまったのは不便な印象になってしまったのが敗因だと思います。
いざ行こうと思っても駐車場も少なくて行きにくいんですよね。。。
駐車場代もバカにならないですし。やはり郊外の巨大スーパーや電気屋には勝てないと思います。。
ささ
2008/03/26 12:46
>yamatakaさん
全国的におなじように喘いでいる商店街は多いようですね。
とはいえ、おなじような環境でも繁盛している商店街もかなりの数あります。
恐らくお客さんのことを真剣に考え、大変な企業努力(この場合言葉が正しいのかわかりませんが)をされているのだと思います。
結局店を出して客を待っているだけの商売をしていたら時代に置いていかれるということなのでしょう。
ささ
2008/03/26 12:51
>たまさん
最近は気軽に持ち歩けるコンパクトなデジカメを物色していたのですが、月並みですがひとまずGR2に落ち着きました(^^
都心近郊で寂れた状況になっている場所って、客観的に見ると顧客にとって不便な場所が多いんですよね。。ちょっとした工夫と努力で改善出来そうな気がしますが、状況を改善しようとすると「誰が金出すんだ」的なコトになって難しいでしょうね、きっと。
ささ
2008/03/26 12:56
>はっしいさん
こういう状況を撮るのはなんとなく躊躇したのですが、このエリアは子供の頃に栄えていたのを知っていたので、懐かしさ半分寂しさ半分で撮る気になったのだと思います。
はっしいさんが撮る街のスナップ、楽しみです。
ささ
2008/03/26 13:00
>どりさまさん
大人になって海外に出かける機会も多くなってからは、故郷は日本の中のどこかではなく「日本」であれば良いと思うようになりました(^^

DP1は発表された時から気になっていて、これを発売したシグマは凄いと思いました!
とはいえ実物を触ったら求めていたカメラとは違ったので今回は手が出ませんでしたが....これからの進化に期待しています!
またDP1に刺激されて他メーカーも大きなセンサーを搭載したコンパクトデジカメを企画開発してくれることを願っています。
ささ
2008/03/26 13:08
あぁ・・・懐かしいですね。
私も専門学校時代は土浦だったので・・・寂れちゃいましたね(涙)


公園近くのプラモ屋さんも潰れちゃったのかなぁ
そうちょ。
2008/03/26 21:38
高校まで同じ町に住んでいました。
戦後できたニュータウン系の新興住宅街の多くがそうだと思いますが、今は若い子世代が家を出て高齢な親世代が残って、友達が出て行ったせいかなんとなくさびしい雰囲気になっています。

そんな町にたまに帰るとそれでも雰囲気は変わっていて、せめてそういう景色の移り変わりだけでも記録するようにしています。
marusuke
2008/03/26 22:11
そっか!そうちょさんは土浦の学校に通っていたんですよね。
そうちょさんの専門学校時代と比べても寂れちゃいましたか....
私が土浦市内の学校に通っていたのはそれこそ四半世紀くらい前だからかなりギャップがありましたよ。。
公園の近くのプラモって...マル◯◯模型かな?
あそこは大人になってからも時々お世話になっているけど...まだあるんじゃないかな?
ささ
2008/03/26 23:46
>marusukeさん
人々の生活環境はどんどん変化してしまうので、ある程度の流行廃りは仕方がないと思います。
寂しくなってしまった分、どこかに新しい賑やかな場所が出来た...と考えるしかないですね。
自分が生きた時代....記憶と写真に残しておきたいなと思いました!
ささ
2008/03/27 22:47
社会派?の報道写真みたいですね。
まだまだ20年前のバブルを引きずっているということ
でしょうか。わが小さな街もシャッターで閉まっている
店が多いです。近くに義弟が30年間ナショナル家電の
店をやっていましたが2年前に閉店し田舎に引っ込んで
しまいました。これはバブルというより、大形量販店や、
ネット販売等に押されて小さな店の小売がやっていけなく
なったということのようです。
さささんが撮られたシャッターが閉まった店もバブルを
引きずっているというより大形店舗の押されての閉店
かもですね。しかしこれもバブル以降の規制緩和という
ことがあったのかな。長々と書き失礼しました。



三四郎
2008/03/28 09:40
>三四郎さん
こんにちは!
この街もやはり郊外に出来た大型の量販店などにはかなわなかったみたいですね。
とはいえ、なにか策は打てたような気がするのですが....
半端に新しくて寂れた街は味もへったくれもないので、とっとと再開発して明るい街にして欲しいのですが...
ささ
2008/03/29 22:55

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
閉ざされたシャッターと空き地だらけの街 新宿徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる