新宿徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【現像同時】フジカラーCDを使ってみた【Nikon FG】

<<   作成日時 : 2007/10/28 23:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 23

フジカラーCDというサービスがあることは知っていたので気になっていたのですが、今まで使う機会がありませんでした。
簡単に言うとフィルムで撮った写真を現像と同時にスキャンしてCDに焼いてくれるサービスです。
近所のDPEショップでもこのサービスを受け付けてくれるらしいので、試してみることにしました。

さて、どんな仕上がりになるのでしょうか・・・
フィルムスキャナー(Nikon COOLSCAN 5000ED)でのスキャン作業は意外に時間がかかるため、現像と同時にきれいにCDに取り込んでくれるのならとてもありがたいので、今回仕上がりが気に入るようならこれから利用したいと思います。
ちなみにこのサービス、近所のDPEショップだと現像と同時でなんと受付から30分でお渡しOK!
料金は現像代+500円(CDメディア込み)でした。驚くべき値段と早さです。


本日使用したフィルム(FUJIFILM SUPERIA 100)とフジカラーCD。

まずは木陰で撮影したモミジの葉です。
薄暗い中で、差し込んだ光が画面中心の葉を照らしていてキレイでした。
撮影時に露出補正を−1段かけています。

◎フジカラーCD画像(リサイズのみ)

撮影データ■Nikon FG ・ Ai Nikkor 85mm F1.4S ・ FUJIFILM SUPERIA 100

撮影した時のイメージよりかなり明るい画像になっています。
コントラストも相当キツイ気もします。うーん、この手の画は苦手なのかな....

次は同じフィルムをいつものようにフィルムスキャナでスキャンした画像です。

◎ニコン SUPER COOLSCAN 5000ED

撮影データ■Nikon FG ・ Ai Nikkor 85mm F1.4S ・ FUJIFILM SUPERIA 100 ・ SUPER COOLSCAN 5000ED

うーむ。
フィルムスキャナで取り込んだ画像の方が撮影した時のイメージに近い露出・色ですね...
かなり差がついてしまった気がします。

次は池の淵のススキをパチリ。

◎フジカラーCD画像(リサイズのみ)

撮影データ■Nikon FG ・ Ai Nikkor 45mm F2.8P ・ FUJIFILM SUPERIA 100

お、今回は露出に関しては大体イメージ通りでしょうか。
下はフィルムスキャナで取り込んだ画像です。

◎ニコン SUPER COOLSCAN 5000ED

撮影データ■Nikon FG ・ Ai Nikkor 45mm F2.8P ・ FUJIFILM SUPERIA 100 ・ SUPER COOLSCAN 5000ED

フジカラーCDの画像はススキの葉の色と若干コントラストが強すぎる点が気になりますが、フィルムスキャンした画像と比べて1枚目ほどの大きな差にはなりませんでした。
得手不得手があるようです。

3枚目は黄色く色づく日が待ち遠しい、新宿御苑名物の巨大なイチョウの木を撮影しました。

◎フジカラーCD画像(リサイズのみ)

撮影データ■Nikon FG ・ Ai Nikkor 45mm F2.8P ・ FUJIFILM SUPERIA 100

こ、これは・・うーむ、全体的に飛び気味ですね・・・
かなり苦手な条件だったようです。

◎ニコン SUPER COOLSCAN 5000ED

撮影データ■Nikon FG ・ Ai Nikkor 45mm F2.8P ・ FUJIFILM SUPERIA 100 ・ SUPER COOLSCAN 5000ED

フジカラーCDはどうやら紙焼きの時と同じく、かなり露出補正をかけているようです。
コントラストの弱い画像は思いきり強く、暗い画像は明るくなるようです。

もう少し補正のアルゴリズムに改良が必要な気がします。

フジカラーCDは便利なサービスですが・・・・
残念ですがフィルムスキャナの代わりにはならないという結論になりました。

ただし急ぎの時や手軽にフィルムカメラでの撮影を楽しみたい時には良いかもしれません。

◎フジカラーCD画像(リサイズのみ)

撮影データ■Nikon FG ・ Ai Nikkor 85mm F1.4S ・ FUJIFILM SUPERIA 100

御苑はすっかり秋の雰囲気です。
(紅葉はまだ先ですが)

◎ニコン SUPER COOLSCAN 5000ED

撮影データ■Nikon FG ・ Ai Nikkor 85mm F1.4S ・ FUJIFILM SUPERIA 100 ・ SUPER COOLSCAN 5000ED

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(23件)

内 容 ニックネーム/日時
さささんのお使いのフィルムスキャナーはいい感じですねー。私のものは少々スキャン結果に不満があります。パレットプラザのCDRサービスではかなり大まかに補正がかけられていると私も思っていました。最近思うのは、フラットベッドスキャナを最新式に買い換えて現行のものとフィルムスキャナを処分してしまおうかなーと。私も結論としてCDRサービスは時間が無い時、出張先、あとはポジの時だけにして、ネガは自宅で今までどおりシコシコ取り込もうかなと思っています。
どりさま
URL
2007/10/29 00:52
たしかにフィルムスキャナーのほうが、自然な感じですね。富士フィルムのサービスのほうは、ポジでみると綺麗なのかもしれません。
それにしてもこのサービスは安くて早いですね。手持ちの古いフィルムがたくさんあるのですが、これだけでも出す価値はあるでしょうかね。
Toshi
URL
2007/10/29 00:58
>どりさまさん
フィルムのデジタル化は相当時間をかけてここにたどり着きました。
10年程前はフラットベッドだったのですが2台のフィルムスキャナを経由してここ(CS5000ED)に落ち着きました。恐らくパーソナル用フィルムスキャナは今ラインナップされているものがラストくらいなのでしょうか。
最近はフラットベッドスキャナも随分性能が良くなっているみたいですね。

CDRサービスはもう少し補正をかけないか、お利口な補正だったら良いのにな〜と思います。
進化してくれることを祈っています....それまでは私もシコシコ取り込むしかないかな。
ささ
2007/10/29 01:08
>Toshiさん
フィルムスキャナーもネガフィルムをスキャンする際には自動露出ですが、こちらの方が上手のようですね。
最近はフィルムカメラで撮影するのはポジフィルムか自家現像出来るモノクロくらいなのですが、私も古いフィルムのデジタル化をどうするか検討中でして...候補のひとつのフジカラーCDを今回試してみました。
他の方法よりは圧倒的に低価格で早いのですが、悩ましいところですね。
ささ
2007/10/29 01:21
おはようございます!
FGといえば多分割評価測光、当事ニコンのハイテク機でしたね。
写真屋さんにあるフィルムスキャナーはポテンシャルは非常に高いのですが、普通の人が喜ぶ画像処理が自動的にかかってしまいます。フォトショップで言うところの自動レベル補正のような、高コントラスト、高彩度です。我々から見ると胸焼けしそうな絵なのですが、普通の人が見るとキリッとして鮮やかな写真に見えるようです。もちろんスキャナーをマニュアルに扱うことも出来るのですが、面倒なのでしないようです。参考までにDPEに使われる印画紙の階調グレードはモノクロ印画紙でいうと3.5号です。以下にハイコントラストか分かりますね。
きゃのらー
2007/10/29 07:37
さささん、私も一度だけCDRサービスを試したことがあります。
出来はコントラスト、シャープさ共にやり過ぎでもう頼みません。
さささんのを見ますと少し良くなった感はありますが、期待薄。

古いフイルムのスキャンは私もせっせとやってます(大変!)。
フイルム銘柄に合わせて露光調整するマニュアルスキャンでやってます。結構難しいのですが好みの仕上がりになり満足してます。
ハリー
2007/10/29 08:12
こんにちは!
私はブログにアップしているフィルム写真はほとんどフジカラーCDのものです♪
「早い、安い、綺麗(笑)」でお手軽で便利だからということもあるのですが、そもそもフィルムスキャナを持っていないから、というのが一番の理由です(^_^;
私の場合、たいていはリサイズするのみでそのままアップしていますが、たまにちょっと「?」と思えるような色のときがあり、そういうときはCaptureNXで少し色をいじります。でも、なんでフィルムで撮った写真をソフトでいじらにゃならんの?と思っていました^^;
フィルムスキャナだと綺麗な色が出せるんですね♪
こういう比較画像を見ると私もフィルムスキャナが欲しくなってくるのですが、つい先日お店にフィルムスキャナを見に行って、やっぱ高くて当分買えそうにないなあとため息をついてきたところでした(ToT)
yamataka
2007/10/29 10:23
こちらにもコメント失礼します。フジカラーCDはたしかに得意不得意ありそうですね。機械がプログラムに従って勝手にスキャンしているのだと思うのですが、それにしてはなかなかよくできていると思うこともしばしばありました。でもこれ見ると一目瞭然ですねえ。私の場合は最近、ようやくスキャンにも慣れてきたのでほとんどクールスキャンですね。そうそう、夏にPC造り直してCore2Duoのものにしたんですが、スキャナがVistaに対応していないのでまたXPにしてました(笑)。関係ないですが、私もしばらくフィルムは安泰なような気もします。でもフィルムスキャナは新しいものは出なさそう・・・。
fortunati
URL
2007/10/29 11:17
さすが、垂涎のレンズお使いですね〜♪
比較したものを拝見しますと、参考になります。
そういえば自分もフイルムスキャナあるのですが、しばらくほったらかしてました(苦)。なんせOSがWindows98のころのスキャナなので(T-T)
昇り龍
2007/10/29 12:43
そうなんです。。
今一なんですよこのサービス!
時代もスキャナも進歩しているのですから、ちょっとお粗末。
ユーザーがみんな素人だと決め付けているのでしょうか。
イッシー
2007/10/29 20:11
>きゃのらーさん
FGは当時のいろいろな新要素を組み込んだ意欲的なカメラですね。
どちらかといえばマイナーな機種かもしれませんが、私はずっとこの1台が好きです。
弱点といえばシャッター速度が最高1/1000秒なのとプレビュー機能がないくらいでしょうか。。
写真屋さん、お客さんが求めるコトを追求していたら現状になったのだと思いますが趣向も技術も進化(深化)している現在、もう少し現代的な味付けにしてほしいと感じてしまいます。
ちょっと古くさい。
ささ
2007/10/29 22:19
>ハリーさん
やはりちょっと補正....やり過ぎですよね。
CDRだけじゃなく紙焼きにも言えることですが、写るんです!のような使い捨てカメラからのCD化の場合は補正もかなり後付けで調整しなくてはいけないのはわかりますが、現代的な高性能カメラで撮影したネガフィルム(露出がちゃんと撮れているフィルム)はソフト的に判定して補正を大げさにかけないようにするくらい簡単だと思うのですが、なぜしないのか理解できません。
これは完全に機器メーカーの怠慢だと思います。
結局フィルムで撮っても街のDPEに出すとどぎつくて色も満足に出ないし綺麗にプリント出来ないのでデジカメに流れた...というケースも多いのではないでしょうか。
ささ
2007/10/29 22:27
>yamatakaさん
フジカラーCDはたしかに「早い、安い、きれい」ですね!
もうちょっと改良されたらもっと使いたくなるサービスなんですが....惜しいです。
フィルムスキャナ、1台あるとyamatakaさんのように銀塩カメラをお使いなら楽しめますよ!
いつまでラインナップされている商品かもわかりませんし....
ささ
2007/10/29 22:30
>fortunatiさん
fortunatiさんのブログはいつも美しくフィルムスキャンされていますね。流石です。
フィルムスキャナーはDigitaICE(自動ホコリ取り)が搭載されてからスキャンが楽になりました。。
私が普段使っているPCはWindowsXPからアップデートしていません。
(スペックがさほど高くないのでvistaに上げられないという話もありますが....)
スキャナは新しい機種は出ないかもしれませんね。
ニコンは新OSの対応などはしっかりとやっていってもらいたいものです。
ささ
2007/10/29 22:33
>昇り龍さん
たまにはメジャーなレンズ(45mmP)を使ってみました。
今回は2枚目の画像がこのレンズの開放ですが、とてもシャープかつ自然な印象です。
さすが現代のMFレンズだけあってフレアも少ないし色も良いです!

お、昇り龍さんもフィルムスキャナーをお持ちでしたか!
私も凄く古い初期の頃のcoolscan使っていましたよ!
ささ
2007/10/29 22:36
>イッシーさん
惜しいですよね.....もしもう少し良ければ利用者も多くなると思うのですが...
上のコメントにも書きましたが、写るんですで撮ったような後付け補正が必要なネガと、通常のカメラで撮った補正のいらないネガを自動的に判定すれば良いだけのことだと思うのですが...
フジフィルムあたりはこのあたりの情報に関しては膨大な蓄積があると思うんですけどね。
ささ
2007/10/29 22:39
便利そう(^^)
確かに色はかなり違いますが、早い、楽、は、魅力ですね。
もみじもすすきも、綺麗です。
ポジって、透明感がありますね(^^)

aya
2007/10/29 23:34
私もネガですがCDに焼いてもらいました。確かに補正がキツメですね。
でも、普通の人ならこの位のコントラストの方が良いと思ってしまうのではないでしょうか。
私の場合、自分で補正し直しました。
1600枚・・・まだ終わってません(泣)
Silva
2007/10/30 00:23
>ayaさん
ありがとうございます。
そうそう、今回使っているのはポジではなくてネガフィルムです。
(コンビニや街のDPEショップで普通に売っている普及版)
初めて使ってみましたが、かなり便利でした!
これでもう少し自然だったらなぁ・・
ささ
2007/10/30 00:29
>Silvaさん
1600枚とは凄い枚数ですね!!補正しなおしも大変そう・・

私も何年も前からフィルム整理(デジタル化)をしようと思っているのですが、フィルムの山の前で挫折しています。はやくやってしまいたいとは思っているのですが・・・
ささ
2007/10/30 00:31
なるほど。
私はこのサービス使ったこと無いですが比較が面白いですね。
レビューありがとうございました♪
全体的にオーバーな傾向なんですね。
カラーネガの場合、無難な方向にしているなと感じます。
機会があったら私も試してみます!!
広角堂
2007/10/31 00:22
>広角堂さん
スピードも早いし値段も比較的安いので利用する敷居が低いサービスですね!
(ポジからの注文は出来ないようなのですが)
またなにか試してみたら記事にしてみます!
ささ
2007/11/02 13:30
さすが富士カラーや 僕は 先週 初カラーCDを作成した ちょっとビックリ 

2008/02/29 17:28

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【現像同時】フジカラーCDを使ってみた【Nikon FG】 新宿徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる