新宿徒然日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 月は欠けてた方が画になる・・

<<   作成日時 : 2005/11/18 22:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5


画像サイズ 800pixel * 533pixel (クリックすると拡大します)

撮影データ■EOS 5D・Reflex Nikkor 500mm F8■絞りF8固定■シャッター速度1/640
ロケ地■西新宿マンションより


またまた登場のお月様です。
今回使用しているレンズも先日の満月のブログから登場のミラーレンズ(Reflex NIKKOR 500mm)です。
満月だとほとんどわからなかったクレーターが、クッキリと浮かび上がってきました。
光のあたり具合も変化し、月が球体っぽく見えるようになってきました。
このような写真は満月よりも多少欠けていた方が画になるようです。

いまの時間、ベランダからだと身を乗り出さないと月が見られない位置で三脚が使えないため、手持ちで撮影しています。
ISO感度を高めにし(ISO500)、シャッター速度を早め(1/640秒)て撮影してみました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
久々に双眼鏡を取り出して、ベランダから月を見上げてみました。
一応、天体観測用なのでクレーターまで見えますが、さささんの写真にはかないませんです☆
きれいな月だなぁ〜。。。
しろっぷ
2005/11/18 23:07
先日、レオナルド・ダ・ヴィンチ展に行きました。
かのビルゲイツが所蔵する「ダ・ヴィンチ」の直筆ノートが公開されていたのですが
天才と呼ばれる彼は15世紀にすでに
「月の満ち欠けと天体の動き」について説いています。
地球と月と太陽の関係・・・
この写真を見たら彼はなんて言うかなぁ。
はっしい
2005/11/19 00:39
こんばんは!
天体写真を手持ちで!これもデジタル時代の恩恵?
かな。。。感度上げても全く問題ないですね!
常識を覆すってこのこと?天体写真が身近に感じました。
きになるひと
2005/11/19 04:07
月のクレーターを見るのは子供の頃、天体望遠鏡を覗いて以来です・・地球外の天体を観察するのは夢がひろがります。。
赤道儀を使ったような、本格的な天体写真にはほど遠いですが、手軽にパシャっと撮れて、すぐに見られるというのはやはりデジタル時代の恩恵を感じてしまいますね!
ささ
2005/11/21 08:24
手持ちでこんなすごい写真が撮れるとは・・!
子供のころショボイ天体望遠鏡で月や木星や土星をみていましたが、エッジに赤や青のボケがあって・・・。色収差だったんですね・・・。
いぬ
2005/11/21 11:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
月は欠けてた方が画になる・・ 新宿徒然日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる